Pocket

期間工生活に別れ

こんにちは。

株式投資で人生を切り拓きたい50代男です。

8月でめでたく契約満了に伴い期間工生活に別れを告げることが出来ました。

期間工は2社で働き、1社目が約2年5カ月、2社目が約3年で計5年5カ月働いたことになります。

この5年5カ月で増えた資産は約1,150万円になります。

寮費・光熱費無料といった恩恵を受けながらも期間工としては年収ベースではたいした金額を稼いでいたわけではありません。

特に直近の約1年半はコロナの影響による操業停止や半導体不足で定時までといった稼動が多く、また退職に伴う有休消化等でまともに稼いだという実感はありません。

それでもこの5年5カ月で年間平均で約210万以上資産を増やすことが出来たのは他ならぬ株式投資のおかげです。

期間工時代は無駄遣いをすることはありませんでしたが、だからといって毎月食費を大きく削ったりとかケチケチの生活をしていた訳ではありません。

必要以上にストレスを溜めることを嫌う私は、私生活まで犠牲にして何が何でも貯金にまわすといったことはむしろ出来ませんので、唯一の楽しみである食べることに関しては結構お金を使っていたと思います。

これからは株式投資の利益のみで食べていかなくてはなりませんので身の引き締まる思いでいます。

今は米国株と米国ETF、日本株と投資信託へ投資していますが8月の今現在の収益としては、

<8月収益状況>

  • 実現損益 +262,075円

米国株で運良く利益を取ることが出来ましたので個人的には大きく勝ち越せていると思っています。

ただアメリカのテーパリングの開始時期をめぐって大きく急落する恐れがあるため米国個別株に関しては全て売却しノーポジにしています。

来るか来ないかわからない急落のためにノーポジにするのももったいない気もしますが、このような時は次への投資先選びに時間を割くようにしています。

今後は米国株5、日本株2、ETF/投信2、現金1といった割合で資産をまわしていく予定です。

ようやく手に入れたこの環境を手放すことが無いように気を引き締めて日々精進していこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!