Pocket

積立投資を軸に

こんにちは。

株式投資で人生を切り拓きたい50代男です。

オミクロン株、米金利引き上げへの警戒感、タックスロスセリング等で下落していた株価ですが先週はいくらか持ち直してきました。

手持ちの米国株の含み損も若干は減りましたが、まだまだプラスになるまでには時間がかかりそうです。

今週は12月14・15日に予定されているFOMCを無難に切り抜け、月後半からのクリスマスラリーに期待している今日この頃です。

今保有している銘柄の中では、

  • AI シースリーエーアイ
  • CDNE ケインズデザインシステム
  • DDOG データードック
  • DOCS ドクシミティー
  • PLTR パランティアテクノロジー
  • ZI ズームインフォ

以上がハイパーグロース株に当たるため、来年から予想されている金利上昇局面では株価の伸びが期待出来ない可能性の方が高いですが、決算や相場の動向を注視しつつ売却かホールドかを判断したいと思います。

上記6つの銘柄は長い目で見た会社の将来性を期待して買ったものですが、2022年は金利上昇で1年間パフォーマンスに苦しむと判断すれば躊躇なく売却するつもりです。

結局ストレスもなく、無理なく続けられるのは投資信託への積立投資だと改めて感じていますので、積み立てを軸にポートフォリオの見直しを図っていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!