Pocket

出費を把握しよう

みなさんは家計簿って付けてますか?

私は付けてます。

しかも家計簿歴10年です。笑

私は家計簿はエクセルで付けていまして、食費・消耗品・通信(スマホ/WiFi)・本・雑費・その他と項目を分けて毎日使った金額をパソコンへ入力することで家計を管理しています。

エクセルですから当然計算式も入力していますので、使った金額をその日の各項目の所へ打ち込めば、その日一日や月間トータルの出費合計が現状いくらなのか、自動的に計算されるようになっています。

さらにあらかじめ出費が予定されている項目に予算として金額を打ち込んでおけば、月間トータルでいくらの支出になるのかを前もって把握することも出来ます。

例えば、毎日出費がある食費であれば、1~30日まで1500円と入力すれば月間で45000円と合計が出て、いついつの日曜日に消耗品を買いに行くと決めておけば、その日の日付の所へ1000円と打ち込むことによって合計も1000円と表示されるわけです。

毎月生活費はだいたいこれくらいかなと大まかに捉えておくのではなく、食費はいくら、休日に○○でいくら使ったなどと記録に残すことで、実態を具体的に把握出来るようになります。

ちなみに私はフォーマットは自分で作ったオリジナルのものを使っています。

パソコンをお持ちでない方は、もちろん紙媒体でもいいと思います。

要は出費の中身が明確になっていればいいわけですから。

家計簿は欠かせません

家計簿を付けるメリット>

  1. 出費が把握出来る
  2. ある程度正確な貯金の予定が立てれる
  3. 節約意識が身に付く
  4. 結果、お金が貯まりやすくなる

期間工の給与は、皆勤手当、慰労金、休日出勤、残業、大型連休等で月によって結構変動がありますが、それらを見越して月別に貯金をしたい金額を決め、各項目別に出費を計画的に最低限まで切り詰めていくというのが常套手段だと言えます。

特に私が一番のお勧めと感じているのが、2番の貯金の予定が立てられるです。

私の家計簿は前述しました通りエクセルで作ったものですから、フォーマットは1~12月までを月別で作成し、全て連動させていますので、今月5月度の出費・貯金予定額はもちろん、各月ほぼ予定通りの収入支出だった場合、12月末時点でいくらの貯金が出来ているのかまでがわかるようになっています。

そしてさらに言えば2020、2021年まで今年を含めれば3年間分の家計簿を作って連動させていますので、2021年12月末時点で貯金がいくらになっている、とそこまで計画を立てて家計を管理しています。

ちなみに勤怠管理表もエクセルで作っており、毎日仕事が終わって帰ってからの流れとして、筋トレ・ランニング、風呂、めし、歯磨き、そしてそのあとパソコンを開いて、まずその日働いた出退勤時間を自作の勤怠管理表に入力し、そしてその日買ったレシートを見て、家計簿に金額を打ち込むといった帰宅後のルーティンを、期間工になって今までずっと続けています。

収入は今の会社からの給与だけでして、前述の通り休出・残業時間に大きく影響されますが、見込み給与額はやや低めに設定し、生活費は逆にやや多めの金額で設定していますので、貯金額が見込み額より大きく下回ることは基本的にありません。

むしろ無駄遣いをしなければ、契約更新時や12月末時点での節目の見込み貯金額を上回っていることの方が多いです。

まずは家計簿を付けることから

貯金の目的

  1. 何かあった時のため
  2. 老後のため
  3. チャレンジ資金

私の場合は以上です。

私が期間工をやっている一番の理由は貯金をするためです。

個人的な考えなので賛同されない方もいると思いますが、私は期間工の仕事はスキルやキャリアにはならないただの時間労働だと思っておりおりますので、それならば「タイムイズマネー」と言われるように、人生の大切な時間を使っているのだからしっかりお金に換えておかなければと考えています。

収入や支出はとうぜん人によって違いますし、独身なのか家庭を持っているのかなどの置かれている立場や状況も人それぞれですが、貯金はほとんどの方がしたいと思っているはずです。

家計簿を付ける習慣が身に付けば、出費内容が明確になり、これはちょっと遣い過ぎたかなとか、この固定費はもうちょっと抑えられるんじゃないのかなど、節約意識が強まって貯金をもっと増やそうという気持ちになると思います。

実際私は、医療保険、スマホ代、WiFi(インターネット)は見直した結果、金額をそれなりに減らすことが出来ました。

服はいろいろおしゃれしたい気持ちはありますが、去年秋冬で一通り買いましたので、今年はもう買いません。笑

秋冬の服代は結構高くつきますから。

なるべく服代はケチりたいところですが、気に入った服を着ると気分が変わるってことはみなさんはないですか。

服にはなんて言いますか、食べ物と同じような生命的な要素を感じるものがありまして、全くおしゃれをしないというのは逆に健全ではないような気になるんですよね。

ただ期間工をしている間はやっぱりぜいたく品と捉えて、頻繁に買い替えることはしないと思います。

自分にとって何が重要かはそれぞれで、価値観が違うわけですから、生活費の中でここはもうちょっと抑えたいと思える項目から見直していけばいいのではないかと思います。

まずは家計簿を付けるといった手短なところから人生を良くしていきましょう!

お金が幸福の全てではない。ただ、私はそれは金持ちになって、そう感じたら言うことにしよう。