Pocket

1.ギャンブルはもう...

みなさん、休日はどのように過ごされていますか。

私の職場の社員や期間工の人は、パチンコ・スロットをやっている人が多いですね。

期間工を始めて今の会社で2社目ですが、前の職場でもそうでしたが、パチンコ・スロットをやっている人は結構な割合でいます。

中には奥さんに内緒でやっているとか、今までに高級車(1500万円相当)が1台買えるくらいつぎ込んできたとか、それぞれ武勇伝を語ってきますが、ただ話を聞いていて率直にハマり過ぎていると思いますね。

私も今でこそ一切やりませんが、昔はハマっている時期がありまして、休みになると待ってましたと言わんばかりに、朝から「今日は大勝してやるぞ」と気合をいれて足繁く通っていましたから、人のことをとやかくは言えませんが、ただ今は逆にやっていただけに一言、「もったいない」と思ってしまいます。

もったいないのは言うまでもなく時間お金です。

毎日あくせく働いて、せっかく稼いだお金をパチンコにつぎ込んで消費して、人生で最も価値のある時間お金をギャンブルなんかで失ってしまうのはあまりにももったいなさすぎです。

これはあくまでも私の価値観ですが。

ギャンブルはわかっていてもやめられないことの典型かもしれませんが、このままだと穴のあいたバケツ状態でお金は一向に増えませんし、大切な時間も無駄に過ぎていくだけだと思いますので、はやく気付いて足を洗われた方がいいと経験上私は思います。

ただ、中にはいつも勝っているという人もいて、そういう人は続けてもいいかもしれません、真偽はわかりませんが。笑

2.目指すべき安定とは

期間工後のビジョンはお持ちですか。

私はこれまでの仕事や生き方で、いろいろ疲れてけっこう投げやり的に「期間工でもやるか」って感じで期間工を始めました。

やりたいことも特に無くなったし、もう損益やら売上げやら出世や人間関係、人からどう思われたいとか、そんなことから解放されたいという気分で、やりたいことが見つかるまでお金を貯めることに専念しようと考えました。

製造業の期間工ですから肉体労働で仕事は単調な作業の繰り返し、人によってはこの作業でも辛いという人もいますが、私からすれば楽勝です。

「責任」「人間関係」「評価」これらから解放されると、生きることはこんなにも楽なのかって思いました。

ただその反面、このままではいけないという気持ちも正直あり、日々悶悶と過ごしてもいましたが、期間工のいいところは無駄遣いさえしなければ、貯金は目に見えて貯まっていきますから、それが現在までのモチベーションになっているとは言えます。

今はある程度のビジョンを描くことが出来、会社に依存しない、自分の力で稼いで生きていく人生に挑戦しようと覚悟を決めました。

そもそも性格的に会社勤めは向いていないと思いますし、何よりもしたいという気持ちが全く湧いてきません。笑

今の会社でも、期間工から正社員登用を目指している人は多いですが、気持ちはわかるようで、わかりません。

というのも今の時代の流れや日本の将来、この会社の財務状況を見た時、普通に考えてこの会社で正社員なんて選択肢が出てくるはずがないのに、みんな目先の安定しか考えていないとしかいいようがないですね。

「木を見て森を見ず」というか「飛んで火にいる夏の虫」というか、会社への依存を前提とする安定ではいつまでも不安がつきまといますし、自分の力で稼いで築く安定とは全くもって別物です。

安定を求めること自体は自然なことだと思いますが、当てにならないものや、いざとなったら切り捨てられるかもしれないようなものに頼るのはもう危険です。

3.人生100年時代の生き方

これからは年金の受給額は減り続け、受給年齢も段階的に引き上げられることでしょう。

仮に、人生100年時代と言われるように100歳まで生きるとして、年金を現状の65歳から受け取るとしたら、国は年金を1人に35年間も払い続けることになり、少子高齢化が加速している日本で、今の受給開始年齢に無理があるのは火を見るよりも明らかなわけです。

つまり、年金は現在はまだ払っていますが、もらえるのは期待しないというのが私の考えです。

日本がここまでの状態になって、いまさら国がどうの政治家がどうのと言っても何も変わりません。

何も変わらないのであれば自分が変わるしかありません。

もう100歳まで働くつもりで、自分で稼ぐ生き方に切り変えた方が得策だということですね。

真面目な話し、私はいま筋トレやランニングを毎日していますが、最低でも80歳まではやり続けようと思っています。

あとは80歳になって、その時の体の状態をみてどうするか判断します。

おそらく「やっぱり死ぬまでやろう!」ってなると思いますが。笑

休日は思い思いに過ごすのが当然です。

ただ、今の自分が未来の自分をつくることは知っておくべきです。

休んで強くなるわけがない

by 日本相撲協会 八角理事長

さあ、未来のための休日にしましょう!