Pocket

個人的な見解

こんにちは。

株式投資で人生を切り拓きたい期間工です。

コロナの感染が広がってもう1年がたちます。

昨年の今頃は「今年の花見は自粛して、また来年思う存分楽しみましょう!」なんてことを言っていましたが、また今年も花見宴会は自粛せざるを得ない状況です。

3月に入り気温も上がって日中は暖かい日も多くなって来ました。

ワクチン接種も始まり感染者も徐々に減り始め、気候も春を感じさせる日々にあって政治家が延々と自粛を呼びかけても、もはや右から左へとかき消されているような気がします。

財務省主導の緊縮財政でたいした補償はしないくせに自粛だけは呼びかける現政権。

コロナを抑え込むこともオリンピックも思うようにならず政権の支持率は下がる一方。

今やコロナ対策は政局へと移っており、それぞれの思惑を抱えた政治家たちがこのままでは秋までにある衆院選を戦えないと起死回生の給付金交付に動き出す。

しかも人気取りのためのバラ撒きと思われないようなシナリオを作ってやるものの、結局はお得意の後手後手観満載で多くの国民からは本心を見抜かれ支持率は一向に上がらない。

個人的な見立てですがこんな感じですかね。

今年も昨年と同様花見を控えるとして、来年こそは以前のような賑やかな花見が本当に出来るのでしょうか。

そもそもコロナは収束はしても終息はしないような気がしてなりません。

保有資産評価損益

<保有株評価損益>

  • 評価損益合計 -445,275円
    ※個別株6銘柄の合計です

<投資信託評価損益>

  • 評価損益合計 +429,763円

先週はある銘柄のナンピンをし、これで2000株になりました。

今後の上昇を期待しています。

最後までお読みいただきありがとうございました!