Pocket

米国株3銘柄を売却

こんにちは。

投資を始めて3ヵ月が過ぎました期間工です。

つみたてNISAで投資信託からスタートし、その後米国株、米国ETFを中心に日々試行錯誤をしながら投資と向き合っています。

今回、保有していました米国株の一部の銘柄を売却しましたので、その運用実績を公開したいと思います。

<米国株>

※受渡金額は手数料・消費税を含めた金額、売却後受取金額は手数料・消費税を差し引いた金額です

1.シェィクシャック(SHAK)
●保有数 54株
●受渡金額 566,269円
●売却後受取金額 536,466円
●収益実績 -29,803円

アメリカ、ニューヨーク生まれの人気ハンバーガーチェーン。

シェイクシャックのハンバーガーは、ホルモン剤を使わずに育てられたアンガスビーフ100%を使用しており、高品質で安全・安心な食材にこだわった商品を売りにしています。

現時点ではまだ店舗数もそれ程多くはなく、これからの飛躍を楽しみにしていました。

2度買い増しする程期待をしていましたが、最近は株価が下落する一方で、このまま保有しておくのは危険と判断し損切りしました。

2.スリーエム(MMM)
●保有数 23株
●受渡金額 393,448円
●売却後受取金額 416,527円
●収益実績 23,079円

アメリカの化学・電気素材メーカー。

産業、生活、ヘルスケア分野で事業を展開しており、オフィス・家庭向け製品の「スコッチ」粘着テープ、「ポスト・イット」粘着ふせんなどで馴染みがあると思います。

連続増配当が一番の魅力でその年数はなんと60年。

ただ株価は米中貿易摩擦の影響を大きく受ける傾向があります。

こちらも2度下落したところで買い増しもしましたが、私が保有していた株数くらいでは配当といってもたかが知れていると実感し、最近株価が上昇したタイミングで売却しました。

3.AT&T(T)
●保有数 25株
●受渡金額 93,736円
●売却後受取金額 104,277円
●収益実績 10,541円

アメリカの通信業持株会社。

子会社を通じて、携帯電話・インターネット接続・データー通信等、幅広く複数の事業を展開しています。

高配当で知られた銘柄で最近の株価は上昇傾向ではありますが、こちらも少額投資での配当はあまりメリットがないと判断し、上昇したタイミングで売却しました。

以上3銘柄の収益実績を合計すると、

-29,803+23,079+10,541=3,817円

なんとかマイナスにならなくて良かったという気持ちです。笑

投資は自由を手に入れる為の手段

連続増配当や高配当が目的で米国株の実績十分な銘柄を一部買っていましたが、私が保有していた数量くらいでは前述しました通り配当額も知れているということを、遅ればせながら最近になって実感した次第です。

つみたてNISAであれば毎月の積立額は約33,000円くらいですし、しかも自動的に買付けされますので、あまり投資をしている感覚になりませんから気にならず続けられますが、通常の株はやっぱり自分で買いたい時に買うというスタイルの方が私の性には合っています。

ドルコスト平均法(決めた金額や株数を定期的に買付けて平均購入単価を抑える投資法)で長期投資は今の私には身が入りません。

期間工生活は今の会社でフル満了まで働いたらこれで終了するつもりですので、長期・積立・分散という投資スタイルがこの頃まどろっこしく感じるようになりました。笑

時間がかかり過ぎます。

否定している訳ではありませんし、いずれ長期・積立・分散という投資スタイルに戻ると思いますが、今は国内株の短期的な売買で目先の利益を取りに行こうと考えています。

実際にいくつかの国内株に既に手を付けています。

国内株の方が情報を得やすいですからね。

いま定職があって、老後資金の為にという目的であれば長期・積立・分散をひたすら継続していきますが、自由を手に入れるというのが私の一番の目標ですので、短期売買で目先の利益を取りに行くことは当然リスクは高くなりますが、今は恐れずにチャレンジしていきたいと思います。

投資といえば長期でという概念が一般的であり、本やネットの情報でも有識者から常識のように推奨されています。

私も理論的にも実証的にも合理性があり疑うつもりはありませんが、今の私の投資目的には合わないと判断しました。

何らかの銘柄を買って長期で保有する。

結局少額では、お金を銀行預金に寝かせているのとたいして変わらないような気がしてきました。

恐らく投資目的によって感情面での解釈の仕方が変わってしまうのでしょうね。

平たく言えば今の自分に都合良く解釈したいのだと思います。

市場の相場は動かせませんが、自分の心の中にある感情という相場は、自分に都合良く動かしながら乗り切っていこうと思っています。笑

今回初めて損切りという経験をしましたが、意外にもスパッと判断出来ました。

良かったのか悪かったのかはもっと時間が経たないとわかりませんし、銘柄によって判断の材料や仕方も変わってきますが、引きずることはありませんでした。

投資をする上で損切りは避けて通れないものだと理解はしていますが、あっさり判断出来た自分が意外でした。

とは言え損は当然したくありませんので、後悔することもあると思いますが、判断だけは早めにすることを心掛けていきます。