Pocket

個別株を全て売却

こんにちは。

株式投資で人生を切り拓きたい期間工です。

6月分の給料が出ました。

  • 総支給額 約32万円
  • 控除合計 約10万円
  • 手取合計 約22万円
    ※控除には寮食・弁当代が含まれています

今回も休出0、残業もほんの数時間しかしていませんので手取りは少なかったです。

ちなみに私の毎月の支出はだいたい7~8万円位です。

給料から天引きされる寮食・弁当代を含めて7~8万円ということです。

やはり寮費・光熱費無料の効果はでかいですね。

節約の基本は固定費をいかに下げるかだと思いますが、その中で一番大きな割合を占めるのが家賃ですから期間工はまさにお金を貯めるためにあるような仕事だと言えます。

日本でもワクチン接種が加速度的に広がりはじめ経済正常化への期待がふくらんでいます。

株をやっていますのでわかりますが、いま業界によっては人手不足でヒューマンクリエイションHDや私も期間工を始める時にお世話になったアウトソーシングといった製造業や・IT・技術者派遣関連の株価は堅調に推移しています。

ただ今はアメリカではインフレからの利上げ、それに先立ちテーパリング(資産購入金額の減少)への懸念から市場は不安定感を増していますから私自身は個別株は全て売却しました。

売却して得た利益は

  • 実現損益 +28,883円

これでいま保有しているのは毎月積み立てている投資信託のみとなります。

その投資信託の評価損益は

  • 評価損益 +799,318円

こちらは長期での資産運用を前提にしていますので今のところ売却するつもりはありません。

私の資産運用における理想は個別株で得た利益をコツコツと積み立て投資へ回して、福利効果によって資産を増やしていくことです。

日本株はNY市場の影響を大きく受けますので、つぎ大きく下がったところで様子を見ながら買いにいこうと考えています。

しばらくは四季報とにらめっこする日々が続くかと思いますが、個別株を全て売却したことでキャッシュは潤沢にありますから気長に次のチャンスを待ちたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!