Pocket

虎視眈々と待つ

こんにちは。

株式投資で人生を切り拓きたい期間工です。

先週はNYダウ・日経平均共に大きく上昇しました。

私の保有している株は含み損ばかりですが今現在はやや損失が緩和されました。

アメリカ大統領選でバイデン元副大統領が優勢に立ち日経平均は年初来高値を更新しましたが、これから本格的な冬場を迎えるにあたってやはりコロナの感染がこれまで以上に広がる可能性がありますので、今の高値圏で新たな株の購入は慎重に判断しようと思います。

割安でこれから伸びそうな有望株を探しあとは静観しここだと思ったタイミングで買う。

これが私の基本的な戦法です。

押し目買いに押し目無し という相場格言があります。

確かにそう感じることもありますが、それでもやはり私は待つことが何よりも重要だと考えています。

良さそうな銘柄を見つけるとすぐ飛びついてしまい結果的に高値で掴んでしまってすぐ含み損に突入するなんて経験をこれまで何度もしてきました。

実際に今保有している銘柄がまさにそうです。

株は安く買って高く売れば儲かる訳ですが、それが出来るようになるには知識と経験が必要です。

株の売買を判断するには根拠が必要でその根拠となるのが知識と経験です。

知識と経験があるからそ今は待つことが合理的だと判断し自分をコントロール出来る訳です。

飛びつき買いとは思慮に欠けた行動だと言えますので、苦労して貯めた自分のお金を粗末に扱うのは非常に良くないことだと最近そう思うようになりました。

よく調べて銘柄を選んだらあとはひたすら時が来るのを待つ。

今国内の企業は産業によって業績の明暗が分かれていますが、日経平均で見れば明らかに高値になっていますので、私は今はキャッシュを手厚くしたまま投資信託への積み立ては継続し、暴落や大きな調整が入るタイミングを虎視眈々と待ちたいと思います。

売買実績と運用状況

先週は1銘柄売却しました。

<ハウスドゥ>

損益金額 45,521
※税引後

アメリカ大統領選がどうなるかわかりませんので利益があるうちに売ってキャッシュを増やしておこうと判断しました。

これで保有株は残り4銘柄で評価損益の合計は、

評価損益合計 -183,375

前述しました通り日経平均は既に高値圏にあると私は見ていますし、保有株もPERはやや割高になっていますので利益が出た時点ですぐに売却するかもしれません。

あと銘柄によってはナンピンをして取得単価を下げて売却しやすくする手法に打って出るかもしれません。

高値圏とか割高とか言って静観していると、こういう時に限って株価は勢いよく上昇していきそうですが、苦労して稼いだお金は1円たりとも損をしたくありませんので慎重過ぎるくらいでちょうどいいと今は考えています。

最後までお読みいただきありがとうございました!