Pocket

平均睡眠時間って何の基準にもならない

[総務省統計局

平成28年社会生活基本調査による平均睡眠時間

〈男〉

  • 45~49歳 7時間13分
  • 50~54歳 7時間11分
  • 55~59歳 7時間16分

〈女〉

  • 45~49歳 6時間55分
  • 50~54歳 6時間52分
  • 55~59歳 6時間51分

みなさんは普段どれくらい睡眠とっていますか?

これこそホント人それぞれですよね。

私の周りの人に聞いてもまちまちで、4~9時間と多い人と少ない人とでは1日5時間も大きな開きがあります。

休日も朝から夕方までずっと寝てる人もいれば、休みはやりたいことが多くて寝るのがもったいないという人も多いですね。

やりたいことがあるということ自体はいいことだと思いますが、中にはパチンコ・スロットにはまってる方も結構いますので、それはちょっともったいないなあと思ってしまいます。

まあ本人が勝って楽しめてれば他人がとやかく言うことではありませんが、私も若い頃はよくパチンコはやっていましたし、負けてそのまま近くのATMでお金をおろして、またパチンコを始めるなんて経験がありますからね。

よく負けてました。⤵

ただある日「俺には向かない、もうやめよ」と自然と思えて、それからは全くやっていません。

もうやめて20年はたちます。

睡眠に関しては私はだいたい平日だと5~6時間くらいで、どちらかというとあまり寝ていない方かなと思います。

寝ていないというより、寝れないというのが正しいのかもしれません。

年かな。笑

休日は当然時間に余裕がありますので、7~8時間くらいは寝るように努めていますが、途中で目覚めることなくたっぷり熟睡とかしてみたいです。

寝るための努力が難しい

睡眠7時間くらいが最も死亡率が低いという何かの調査結果をむかし聞いたことがありますが、実感的にも質のいい睡眠でそれくらい寝れたときは、たしかに快適な気分だったと思います。

ただ、そんな気分になれた記憶がちょっと最近では思い浮かばないですけど。

あと熟睡できない理由として、期間工で2交代勤務をしている影響も少なからずあると思います。

体内時計が乱れて、ホルモンの分泌のリズムにも影響するようですし、ちょっと怖いのは成長ホルモンの分泌量が減って病気のリスクが高まることですね。

睡眠の一番の役割は、「体のメンテナンス」をすることだと聞いたこともあります。

かと言って睡眠の質を高めるための方法として耳にする、前もって部屋を暗くするとか、スマホやパソコンは見ないようにするとか、ぬるめの湯船につかるとか、寝る3時間前までに食事を済ませるとか、ちょっとめんどくさいことが多いですね。

例えば早番のときに残業して帰って、筋トレ・ランニングをして、風呂入って、飯食って、勉強してってやってるともう寝なきゃって時間になりますからね。

寝たい時間が適正時間?

望ましい睡眠時間は、たしかにデーター的には7時間くらいかもしれませんが、結局人それぞれの生活スタイルがありますし、その時の体調や睡眠に対する認識も違いますので、「〇時間は寝たい」と思う時間が結局のところ今の適正な睡眠時間なのではないでしょうか。

あと睡眠時間が日々ちゃんと確保できる人はいいですが、仕事が忙しかったり、体質として長時間労働が根付いている会社で働いている人だと、「早く帰ってなんとか睡眠時間を確保しないと」みたいなしんどい生活になりますよね。

バリバリやる気に満ちてモチベーションが上がりまくっている人なら少々睡眠時間が短くても大丈夫かもしれませんが、以前の私のように長時間労働が当たり前のような会社で、じゅうぶんな睡眠がそれこそ何年もとれていない状態だと、気付かないうちに体調が悪くなっているなんてことは誰にでもあることだと思いますので、疲れがとれない、顔色が悪い、肌があれる、何もする気になれないとかになる前に、

  • 睡眠時間
  • 睡眠の質

を見直されてみた方がいいと思います。

人は痛い目にあうと学習をします。もう同じ目にあいたくない。ただ中年になってからの痛い目は取り返しのつかないことになりかねない。「〇〇を甘く見てはいけない」。よく耳にする言葉ですが、この年になるとこの○○が増えてきたような気がします。いろいろとわかってきたんでしょうね。

元気が一番、元気があれば何でもできる!

アントニオ猪木さんの言葉です。シンプルですがとてもいい言葉だと思います!

さあ、今日も元気に良い一日にしましょう!