【50代期間工の資産運用】スイングトレード実績公開。様子見ばかりで儲かっていません。

Pocket

Sell in Mayと言われても

こんにちは。

株式投資で人生を切り拓きたい期間工です。

日本では多くの府県で緊急事態宣言も解除され、残すところ東京・神奈川・千葉・埼玉、そして北海道のみとなりました。

政府は5/25にも全面解除の調整に入ったということです。

これまで自粛していた店舗も営業再開に踏み切り、人々の外出も増えて個人的には明るいニュースだと思っていますが、これをすぐ「気の緩み」と投げかけるメディアの報道には少なからず疑問を感じます。

マスクをしていない、感染対策をとっていない、3密を作っているというのであれば「気の緩み」と言えるかもしれませんが、外出し人通りが増えているそこの光景だけを映し出して「気の緩み」はないでしょうと私は思います。

相場には「Sell in May(株は5月に売れ)」という格言があります。

コロナショックによる3月の一番底から、いよいよこの5月で二番底が来るのかと常に身構えてスイングをしていましたが、今月もあと一週間のみとなりました。

次の暴落は私はNY市場次第だと思っています。

米国での第一波を上回るレベルの第二波の到来。

米中の更なる関係悪化。

新興国等での歯止めの利かないオーバーシュート。

世界各国でのデフォルト(債務不履行)の連鎖

こういったことが重なった時がヤバイだろうなと個人的には感じています。

ただそうは言ってもやっぱり株で少しでも稼ぎたいですので、私は警戒しつつもコツコツ目先の利益優先でスイングを続けていくつもりです。

先週の実績公開

それでは先週のトレード実績公開です。

<先週の実績公開>

損益合計 10,735円

<5月累計実績>

累計金額 33,488円

先週に関しては2日間しか売買をしていません。

今はマイナスにならないことを優先し過ぎていて、ちょっと売買のタイミングを逃してしまっています。

あとは買った銘柄でまだ上がりそうなものがいくつかありますので、それらは来週に持ち越しにします。

銘柄に関しては最近物色し過ぎている面がありますのでもう少し的を絞ってみようと思います。

二番底への不安を抱えつつ今はスイングに注力していますが、もしそれが来た時は今度は逆張りで狙った獲物を少しづつ買い増していくつもりです。