Pocket

株はやればやるだけ上手くなる

こんにちは。

株式投資で人生を切り拓きたい期間工です。

先週も保有銘柄の株価が軒並み下がり、含み損がさらに大きくふくらんでしまいました。

11/3のアメリカ大統領選前で様子見のため一旦ポジションを解消しようとする投資家と、アメリカ・欧州等でのコロナの感染拡大が続いていることから経済への影響を懸念して売却する人が増えているようです。

私も保有株が全て利益を出している状況でしたら一旦利確して改めてタイミングを見て違う銘柄へ乗り換えていきたいところですが、如何せん保有株5つの内4つが含み損を抱えていますのでやむを得ず保有し続けているというのが正直なところです。

損切りに関してはほっとけばまたそのうち利益を出すだろうと思える銘柄をわざわざ損失を抱えているタイミングで売却したくないという気持ちが私にはあります。

これまでにも泣く泣く損切りしたのはいいものの、その後大きく上昇していったという経験を何度もしています。

もう少し我慢していればと後悔もしましたが、ただ今振り返れば我慢が足りなかったのではなく知識・経験が足りなかったのだと思っています。

銘柄の選定からチャートの見方まで今もまだ全然たいしたことはありませんが、前に比べたら知識・経験が増えた分だけ考え方も変わりましたし冷静さと余裕が備わりました。

私は株式投資は株にどれだけの労力を費やせるかで勝率が変わると思っています。

やればやるだけ知識・経験が増えるからです。

中には違う意見を言う方もいると思いますがそういう方は既にかなりの上級者ではないでしょうか。

多くの知識と経験があるからこそ適切にポイントを抑えることが出来るのだと思います。

株式投資はやればやるだけ上手くなる。

私はこの持論はこれからも変わることはないと思います。

大切なのはやればやるだけの時間をどれだけつくれるかだと思います。

保有株の評価損益

<現状の保有株の評価損益>

評価損益 -221,675(先週比-65,500円)

含み損でも20万円を超えるとちょっとブルーな気分になりますね。

アメリカ大統領選の結果どちらが選ばれるにせよ落ち着けば株価は上昇していくだろうと私は見ていますが、ただ落ち着くまでは乱高下するかもしれませんし、あとコロナの感染拡大も懸念材料ですので、やはりもう少し私も様子見を決め込もうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!