Pocket

投資は余裕資金内で

こんにちは。

株式投資で人生を切り拓きたい期間工です。

今現在私が保有している株は5銘柄で含み益が出ている銘柄は1つだけ、残り4銘柄は全て含み損を抱えています。

含み損を見るのは当然気持ちのいいものではありませんが、投資している金額自体が余裕資金内でありますし、長い目でみればいずれ上がってくるだろうと楽観的に思えることから今のところ損切りをするつもりはありません。

よく自分なりの損切りラインを決めて、株価がその価格以下になったら損切りをした方がいいという主張や考えを本や動画で目にします。

売却したお金で次の有望株へ投資する方が建設的だと。

確かに私も基本的にはその考えに賛成ですが、ただ何でもかんでもそれを適用しようとは思いません。

今現在保有している株ももとをただせば有望だと思って買った株だからです。

ただその当てが外れて買ってからすぐ下がったり、長らく低迷したままということはありえることなので、要は自分がどういう投資スタンスでいるのかということが問われているのだと思います。

短期勝負なのか中長期的視点でみているのか。

短期勝負であれば躊躇なく損切りという判断は妥当だと思いますが、中長期視点であれば冷静に見守るしかないと思います。

予想外の悪材料が出れば売却を検討することはある意味当然だと思いますが、特に何もなく株価が低迷しているのであれば株を買った当初の見込みを信じて今の私なら保有を継続します。

このような冷静な精神状態でいられるのも投資している金額があくまでも余裕資金内だからです。

余裕資金は人によって違いますので額に幅はありますが、今の私だと約300万円くらいです。

個別株とは別に投資信託にも積み立て投資をしていますが、こちらは貯金をしている感覚でいますので余裕資金には含めていません。

ちなみに今現在の投資信託への積み立て額は約180万円です。

保有している株の値段が日々どうなっているのか、中長期視点でいてもやはり気にはなりますがただ冷静でいられます。

気になってしょうがないという時点で既に余裕資金外のお金に手を付けてしまっているかもしれませんので、思い当たる方は今一度ご自身の投資スタイルを見つめ直した方がいいかもしれません。

保有株の運用状況

<保有株の運用状況>

評価損益合計 -158,575

持株の評価損益が今どうなっているのか。

私は今現在の評価損益の額こそがその人の投資スキルそのものを反映していると思っています。

含み益の額が多い程、当然優秀であり投資のスキルやレベルが高いということですね。

私はマイナスですのでまだまだ全然未熟だということです。

ここから如何に利益を出すか、どこまで積み上げていけるのかは自分次第ですので妥協せず目標に突き進んでいきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!